羽生ふじブログ

2021年6月の記事一覧

専科の取り組み

 最近の専科の様子を紹介します。

 農業コースは、各学年で収穫できる野菜が増えてきたと同時に、畑の除草作業に追われ、季節外れの暑さの中、生徒たちは毎日懸命に作業しています。

 その他にも農業コースでは、1年生の田植えや、2・3年生のメロン栽培などに取り組んでいます。収穫した野菜は学校の近くの「JAほくさい本店の直売場」と「道の駅はにゅう」にも出荷しておりますので是非ご賞味ください。

 

 園芸コースは、1、2、3年生とも校外植栽実習を行いました。校外植栽とは羽生市内の公共施設から依頼を頂き、生徒たちが育てた植物を使って花壇づくりをする作業のことです。1年生は初めての作業で苦戦しながらも綺麗な花壇を作ることが出来ました。

 その他にはこのような作業を行っています。

1年生は種から育てた朝顔を使って事務室前に緑のカーテンを設置、

2年生は羽生ふじのシンボルである「藤」の剪定作業、

3年生はハンギングバスケット制作などを行いました。

雨の多い季節ですが、生徒は雨にも負けず作業を頑張っています。

 

 メンテナンスコースは、2・3年生が、埼玉純真短期大学へ校外清掃実習に行き、窓清掃を行いました。昨年度はコロナの影響で行けなかったこともあり、大学の方々にとても喜ばれ、生徒たちも普段行っている清掃の成果を出せるよう頑張っていました。1年生はダスターやモップなどを使った通路清掃を行っています。初めて使う道具に戸惑っていた生徒たちですが、今では道具の扱いにも慣れ一生懸命取り組んでいます。

 

 フードデザインコースでは、3年生が、レモンのウイークエンド、フロランタン、フィナンシェなど人気の焼き菓子を作りました。2年生は、リバースシーターを使ってデニッシュ生地を作り、あんやチョコレートなどを入れた色々な種類のデニッシュパンを作りました。1年生は、初めてあんぱん作りに挑戦しました。アンベラを使って、あんを生地の真ん中に入れる作業では、興味深く、意欲的に取り組んでいました。3年生と1年生の合同授業で行ったマフィン作りでは,丁寧に作り方を伝える3年生の説明を、1年生が真剣に聞き、お互い緊張感をもって、作業に取り組んでいました。

 

 

 

生徒総会

 昨年度に引き続き、校内放送を使っての実施となりました。 生徒会本部役員だけではなく、各委員会や部活動の代表者が活動計画の発表を行い、画面を通じて自分たちの計画を堂々と発表することができました。また教室で話を聞いている生徒たちも、生徒会の一員として、姿勢を正して耳を傾けることができました。

 

 

6月

 いよいよ6月です。

 澄み渡った青空の中、爽やかな風を感じながら、来年も、また、きれいなふじの花が咲くようにと、園芸の生徒達が、剪定を頑張っています。温室では、生徒達が育てたサルビア、ひまわりが、色鮮やかに、花を咲かせています。わずかな昼休みの時間を利用して、グランドで、元気にサッカーをたのしむ生徒達の姿もありました。

 

教科の取り組み

 職業の授業の様子を紹介します。

 職業の授業は、卒業後の社会生活に向けて、必要な知識やマナーを身に付けると共に、自分に適した職業や進路先が選択できるよう日々学習に取り組んでいます。

 現在1年生は、夏休みに行う職場見学会に向けて、目的や日程、見学先の企業について学んでいます。2年生は、現場実習に向けて、グループに分かれて面接練習に取り組んでいます。良い点や改善点をお互いに確認しながら繰り返し練習しています。3年生は、就労に向けて、求人票の内容の読み取り方、社会保険、税金について学習しています。どの生徒も毎時間、真剣に取り組んでいます。