フードデザインコースの概要

わたしたちが つくっています

このコースでは、将来、社会に出て行くための勉強のひとつとして、パン・菓子作りを通して、働くことを学んでいます。
どの生徒も、一つ一つのことが初めてのことで、難しい作業ばかりの中で、繰り返し取り組んでいく中から、だんだん分かってきて「自分で作った!」という時の嬉しそうな顔は、とても生き生きしています。また、販売等の活動を通し、自分たちの作ったものを評価していただき、充実感を得られ、自信と意欲が育つことを期待しています。パン・菓子を自分たちで作るようになって、今まで以上に、お菓子が身近に感じられ、お店に並ぶ食べ物への関心も深まったのではないでしょうか。まだまだ不十分な点もありますが、一人一人が一生懸命作ったパン・お菓子などを手にする機会があれば、是非お買い求め頂き、ご意見をいただけたらと思います。

フードだより

フードだより

目標

 いよいよ2学期が始まりました。

 授業では、毎回、目標を立てて、作業に取り組んでいます。夏休み明けで、疲れると思いますが、生徒達は目の前の作業を一生懸命、がんばっています。繰り返し行う作業、そして、立ち仕事。体力、気力が必要になってきます。日々の積み重ねが大切です。夏休みモードから、少しずつ、身体も気持ちも、切り替えて、共に、がんばっていきましょう。

 

0

2021年

 新しい年が明け、フードの授業もスタートしました。2・3年生は合同でオニオンチーズブレッドとレモンのウィークエンドを作り、協力して作業に取り組みました。1年生は、初めてドーナツ作りに挑戦しました。カレーやあんをいれたり、ひも成形ツイストなど種類は様々で、揚げる作業も経験しました。美味しそうな色に変化するドーナツを見て歓声があがりました。3学期もそれぞれの目標を意識し、働くために必要な力が身につくよう、頑張っていきましょう。

0

大掃除

 学期最後は大掃除。フル回転で使用したパン工房室とフードデザイン室を、2年生と3年生が隅々まできれいに掃除し、2学期のフードデザインの授業は終了しました。

0

実習の様子

 最近のフード実習の様子です。

 3年生と2年生は、ふじフェスに向け、準備を開始しました。落ち着いて様々な作業に取り組んでいます。

 1年生は、三色パン、食パンやホテルブレット、チョココロネ、ツイストパンなどのひも成形に挑戦しました。はじめての取り組みに、とても興味をもち意欲的に行っています。身支度、手洗い、清掃など、食品を扱う上で大事な事もしっかり行っています。

 パン作りやお菓子作りを通して、あいさつや返事、声の大きさ、姿勢や態度を意識し、働くために必要な力が身につくように頑張っています。

 

 

0

パン作りを通して

 最近のフード実習の様子です。

 3年生は、新たな試み、注文販売を行いました。心を込めて丁寧に作りました。

 2年生は、初めてべーグルを手ごねで作り、生地の感触や変化を感じました

 1年生は、あんこやカレーのあん詰めを頑張りました。手順書を見ながらの清掃、そして、振り返りをしっかり行いました。

 3年生と1年生の合同で行ったマフィン作りでは、道具の準備からマフィンの作り方、片付け清掃まで、はじめて作る1年生に3年生がわかりやすく伝え教えました。成長を感じる時間でもあり、改めて伝えることの難しさを実感した3年生。1年生は3年生の姿勢を学び、お互い目標を意識し緊張感を持ちながら作業に取り組みました。

 パン作りを通して、働く力が身につくよう頑張っています。

 

0